%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%95%e5%86%99%e7%9c%9f

医療国家資格である理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が、ご利用者一人一人に合わせた、個別プログラムを実施しています。

<理学療法について>(PT)

理学療法の対象者は主に運動機能が低下した方々ですが、病気、けがはもとより、高齢や手術により体力が低下した方々などが様々な障害に対応しています。
最近では運動機能低下が予想される高齢者の予防対策、メタボリックシンドロームの予防、スポーツ分野でのパフォーマンス向上など障害を持つ人に限らず、健康な人々に広がりつつあります。また、運動・動作の専門性を生かし、福祉用具の適用相談、住宅改修相談も行います。

<作業療法について>(OT)

作業療法では、基本的動作能力・応用的動作能力・社会的適応能力の3つの能力を維持・改善し、その人らしい生活が送れるようサポートします。

また、住み慣れた場所で、生きがいを持ち、豊かな生活が送れるよう、散歩や家事、買い物、趣味活動など個人のライフスタイルに合った関わりも行っています。

<言語療法について>(ST)


コミュニケーションや食べることに障がいのある方々に対して、言語、聴覚、摂食・嚥下(せっしょく・えんげ)機能のリハビリを行います。

たとえば、脳血管障害により、失語症をはじめ、呂律(ろれつ)が回らない、声が出しづらい等の症状になる事があります。たとえばそのような方に対しては、話す・聴く・読む・書くなどの直接的な訓練に加え、顔や口、舌の運動機能を高め、声や発音の改善を目的としたリハビリを行います。また、食べること・飲み込むことの障がいを持たれた方には、「嚥下リハビリ」を行います。脳卒中等の原因によって、かんだり、食べたり、飲んだりする機能が低下した方の機能改善を目的に行います。運動療法や、食べ物を用いたリハビリ、食事環境の調整等があります。

○現在利用されている方が患われた疾患

<中枢神経疾患>脳卒中、脳の外傷、中枢神経の変性疾患、腫瘍、脳血管の異常など<整形外科疾患(運動器の障害)>手足・脊椎の骨折、腰痛、頸部痛、肩関節周囲炎、腰椎椎間板ヘルニア、変形性関節症、慢性疼痛など<呼吸器疾患>慢性閉塞性肺疾患、肺炎、喘息、肺機能低下など<心疾患>心筋梗塞、狭心症など<内科的疾患、体力低下>糖尿病、高齢、術後体力低下、近い将来運動機能の低下により要介助状態になることが予想される高齢者、メタボリックシンドロームによる運動指導対象者など