cropped-cropped-cropped-cropped-cropped-cropped-1-3-1-e1472630502980-1.png

【令和元年度(後期)アンケート結果】

さんごのおうちでは毎年

年二回のアンケートを

①ご利用者 ②ご家族

③ケアマネージャー に

対し実施しております。

令和2年3月末に実施した

アンケートの結果を

まとめましたのでご覧下さい。

 

↓こちらをクリックして下さい

令和元年度(後期)アンケート

 

なお、新型コロナウイルス感染症防止のため

令和2年3月に実施予定でした

第8回 運営推進会議は中止となりました。

今回のアンケート結果、

さんご便り 令和2年4月号を

運営推進会議 資料・報告内容と

させていただきます。

ご理解の程お願いいたします。

 

≫管理者 田中 茉衣

 

2019.11.13 日々の様子

朝晩は冷え込みますが、

日中は陽ざしが差込み

気持ちが良いこの頃◎

 

先週~今週の

さんごの様子をアップします!

 

皆さんそれぞれの目標や課題に

合わせてご自分のペースで

取り組まれています。

 

また、今月の行事も決まり

実行に向けても取り組んでいます。

お楽しみに〜♪

 

>>生活相談員 田中茉衣

 

 

 

2019.10.19 来週のために!

送迎をしてると、

少しずつ街路樹が色づきはじめ

秋色が濃くなって来たこの頃。

 

土曜日のご利用者は

全員で1つの目標に向かって

運動に励まれています!

 

その目標というのは

『栗林公園に行くこと』

 

実行日まで1週間となりました!

行き先、昼食の場所ともに

ご利用者の案で決定しました。

今日はスケジュール確認と

それぞれの目標の確認を行いました。

久しぶりの栗林公園に

皆さん思い出を話しながら

目標を記入されていました‼

 

実行に向け訓練も

今まで以上に頑張られています。

 

 

屋外訓練もやってきました!

 

来週の土曜日が

晴れますように〜♪

 

 

 

生活相談員  田中茉衣

 

 

ご無沙汰してますm(_ _;)m

約1年半ぶりの投稿に

なってしまいました(汗)

今までの様子は今後少しずつ

アップしていきたいと思います。

 

まずは、先日ダリア園に

行った際の様子をお伝えします。

昨年に引き続き今年も

仏生山公園にあるダリア展に

行ってきました♪

足元はとても不安定、、、

しかし皆さん好みのダリアの所まで

慎重に移動されました!!!

 

不安定な足場でしたが

皆さん好みのダリアのところまで

歩かれました(^^)★

日頃の運動の成果や

仲間との外出で

不安を楽しみに

変えられる方もおられ

充実した外出となりました。

 

生活相談員 田中茉衣

スライド1

さんごのおうち機能訓練型デイサービスでのトレーニング・セルフケアのご紹介 No.4 「足指ほぐし&足指はじき」

こんにちは。機能訓練士の高橋応文(たかはしまさふみ)です。

当施設で利用者様にセルフケアとして行っていただいているコンディショニング方法を以前より紹介していますが、今回で4回目となります。

今回ご紹介させて頂くことは

 

N0.4 「足指ほぐし&足指ははじき」です。2017.6.16

 

前回でもお伝えしたように、足指は足裏のアーチ形成の為に大きな役割を担っており、クッション作用だけではなく、バランス機能にも大きく関係しています。このようなコンディショニングを日々取り入れることで、バランス機能の維持改善に期待が出来ます。

 

≪方法≫

①親指から順番に爪の付け根をつかみ、指をねじります。

②指を一本一本反らして曲げます。

③反らした後ではじくようにすると、より効果的です。

 

☆ポイント☆ 

指の硬さを一本一本確認しながら、硬い指はゆっくり時間をかけて、痛みがない範囲で実施するとより効果的です。

 

 

以下は利用者様の実際の動画です。

 

 

 

 

次回は、

「足裏ほぐし/その1」

をご紹介したいと思います。

 

18818328_1081663061967124_660291020_o

2017.5.23 新聞に初登場!?

実用的な歩行のトレーニングとして、利用者さま2人で、瓦町のさつき展覧会に行ってきました。

男性の方は、訓練当初、危険な場所に立ったり、自転車にぶつかりそうになったりと危険に感じることが多くありました。

しかし、何度かトレーニングを繰り返すと、「ここは前(以前)に(自転車に)ひかれそうになったとこや(笑)気をつけよう」などといい、十分に確認できるようになってきました。また、自分の動作能力を考慮して、信号を渡るタイミングを計ったりでき、特に問題なく安全に移動できるようになりました。

 

今回、女性の方を連れて、さつきの展覧会に行くことになりましたが、お連れの女性もしっかり誘導でき、とても紳士的でした。

 

展覧会では、「さすが展覧会」といえるほど、素敵なさつきをたくさん見ることができ、お二人はとても満足されたようです。

 

 

 

「あれ!?なんか撮影しよるな」と男性の方が気づきました。

 

 

男性の方が真剣にさつきを見ていた時……

 

 

「ぱしゃ!」、「はしゃ!!」

 

 

なんと、この時に撮影された写真が、2017.5.23の四国新聞の記事になっていました!!

 

後日、ご本人たちが、この記事を見てとても楽しそうに他の利用者さまにお話しされていました。

 

これにより、他の利用者さまもたのしそうで、とてもいい雰囲気でした。

また、利用者のみなさまも、外出のしてみたいという意欲が湧いてきたみたいで、とてもいい刺激になりました。

 

「年を取ると、めんどくさくて外にでたくなくなる」という方に多く出会ってきました。

実際に、当施設でもこういう思いをされている方も多くおられます。

しかし、周りの方が行って楽しさが伝わったり、知人が誘うことで、ついつい外出されることも多くあるようです。

さんごのおうちでは、そういった良い刺激をご提供できるよう、努めたいと思います。

IMG_3881

2017.5.15 <動作改善事例>~痛くないわ!さぁ~どこいこか。~

今回ご紹介させて頂く方は、腰部脊椎管狭窄症の為、下肢機能の急激な低下と、急激な疼痛により急に動けなくなりました。残念ながら、初回の手術では残念ながら症状が改善せず、再手術を行いました。しかし、術後、6か月間は平行棒内でも歩けなかったようで、立つことも難しかったようです。

退院後、疼痛の改善、ADL能力改善、また歩行能力改善などの為に、当施設を利用されました。

利用開始時、動作を行うごとに、急激な下肢の疼痛と脱力に加え、心身的な疲労により、何事にもネガティブであり、トレーニングにも消極的でした。

しかし、諦めずにトレーニングを行った結果、現在では疼痛はほとんどなく、自宅の付近20~30mの範囲で散歩できるようになりました。

その詳細を以下動画を交えて掲示したいと思います。

今回のご掲示にあったて、ご本人に相談したところ、「最初は、本当にもうあかんと諦めてたけど、諦めずに楽しみながらやってたら良うなったことは本当にうれしかったわ。俺みたいに困っている人も、ここ(当施設:さんごのおうち)に来たらええのに(笑)」と明るく元気おっしゃって頂きました。

Tさまのご意向が無駄にならないよう、当施設職員一同頑張っていきたいと思います。

ありがとうございます

 

 

 

T様 70歳代 男性

2014年7月歩けなくなり、診察を受けると、腰部脊椎管狭窄症と診断されました。医師から手術が必要と診断されましが、すぐに手術はせず、外来で治療を継続していました。しかし、同年10月には、下肢の症状が強くなり、手術することを決まられました。

残念ながら、初めの手術後、急激な疼痛憎悪などがあった為に、再手術を行うことになりました。

その後、入院を行い、リハビリを受けることになりました。

 

術後、6か月間は平行棒内でも歩けなかったようで、立つことも難しかったようです。

退院後、疼痛の改善、ADL能力改善、また歩行能力改善などの為に、当施設を利用されました。

 

当施設ご利用当初の初期評価として、

  • 下肢の痺れが強く、長距離の歩行困難(※歩行器利用)、立位困難などにより、自立した生活は行えるものの、将来の事を含めて不安が隠せない様子でした。また、疼痛や疲労を恐れるため、リハビリに対して消極的です。
  • 平行棒内の歩行は、なんとか移動できましたが、安定性が低く、2m程度移動することがやっとという状態でした。動作時の姿勢が悪く、下肢に力が入らない様子。

 

 

当施設のリハビリスタッフは、

理学療法士が、疼痛ケアや筋力トレーニングをはじめ、歩行訓練や動作指導などの動作訓練を行いました。

作業療法士は、ADL面のトレーニングやIADL面のトレーニングを全般的に行いました。

 

<当施設ご利用3か月後>

筋力や姿勢が少し改善し、歩行状態も安定してきました。そのことで、ご自宅での生活が行いやすくなり、リハビリに対して意欲的になりました。平行棒内では、1往復軽介助で移動できるようになりました。

 

<当施設ご利用6か月後>

著明な変化はないものの、疼痛や動作など、多くの項目で改善が見られました。疼痛などによるネガティブな発言もほとんどなくなり、外出にも意欲が出て来たようです。自宅でも、セラピストに教わったトレーニングを毎日欠かさず行っているようです。平行棒内では近位見守り程度の介助量で移動ができ、休憩は必要なものの、野外での歩行が出来るようになりました。しかし、つまづくような感じがするようで、休憩を多くとる必要があります。

 

<当施設ご利用12か月後>

自宅や当施設での屋内歩行は自立されました。平行棒内でも、7往復程度介助なく移動できています。痛みは、ほとんどなくなりましたが、不定期に急激な下肢の脱力やしびれがあるようです(※以前のように立てなくなるほどではない模様)。

「旅行に行きたい」という希望を持てるようになったことを喜んでいます。

 

<現在>

平行棒内では、念のため片手で支える程度の力で、移動出来ています。

以前のような不安な感じはなく、痺れや脱力が無く、足が軽くなったようで、気候の良い時には、自宅から20~30mの距離の範囲で散歩しているようです。

以前と比較して、だいぶ楽に移動出来るようになったが、未だ以前の恐怖心がある為に、旅行には行けていない様子。しかし、ご本人は「この恐怖心が無ければ、カラダ的にはもう大丈夫なような感じやけどな…。行ってみよか(笑)」とおっしゃていた。

 

≪動画≫

歩行時の様子はこちら その1

歩行時の様子はこちら!その2